民事再生に対する保証人が戦うには

民事再生が必要となるような事例の場合、保証人がついている債務も全てが申し立てをされます。そして債務者が民事再生をしても、保証人の責任は消えることはありません。それと言うのは引き続き保証人としての支払い義務が生じるということです。債務者は借金を整理できたことになるのですが、今度は保証人へ督促がいくのです。住宅ローン特則というものがありますので、住宅ローン以外の保証人の責務が生じます。債務者の代わりに債権者へ借金を返済していく必要が急浮上するわけであり、この借金が払えない時には保証人自身も自己破産や民事再生ををするしかないのです。

}PgžxQ
民事再生では原則三年の再生計画をとりますので、計画通りにいけば三年後には債務者には住宅ローン以外の借金がなくなったことになります。保証人が肩代わりした借金を取り返すのはこのタイミングです。求償権を行使すれば、お金を取り戻す手続きに進めます。求償権は、商行為が5年・その他が10年と決められております。権利が有効であるうちにその債務者と話し合いをもち、公正証書で弁済契約書を交わすことが大切です。保証人となって大きく損をした分は、可能な限り取り返せるよう手続きをしましょう。専門家に相談にのってもらうほうがより安心しますので、力になってくれる専門家を探して話を聞いてもらうことがベストかと思います。聞きなれない言葉や自分のおかれた状況に不安でいっぱいなことと思いますが、誠実に真剣に対応してくれる専門家を味方にしてご自身の生活を守れたらと思います。

コメントは受け付けていません。