自己破産に対する保証人が戦うには

主たる債務者が自己破産をして借金を免責されたとしても、連帯保証人が債務の責任を免れるわけではありません。

それどころか主債務者が自己破産をした場合、連帯保証人は原則として一括で債務を返済しなければならないという義務が発生してしまいます。
その時連帯保証人に返済能力がない場合には、保証人自身も自己破産手続きをするか、任意整理・個人民事再生手続き・特定調停などの他の債務整理を行わなくてはなりません。

 

 

しかし、金融機関から一括で請求が来た場合には、絶対に交渉するべきです。

借金の金額にもよりますが、連帯保証人がサラリーマンなどの個人であったりする場合、金融機関側も連帯保証人が確実に一括で支払えるとは限らないと承知の上で請求をしている場合があります。
連帯保証人が自己破産してしまうよりはと、分割などの措置を講じてくれる場合があります。
確実にそうしてくれる訳ではありませんが、何もせずに泣き寝入りしてしまうよりはずっといいでしょう。

ちなみに連帯保証人には主債務者に対しての求償権という権利を持っていますが、主債務者が自己破産した後では財産がない状態のため、請求したとしても支払ってもらえることは少ないでしょう。

コメントは受け付けていません。