任意整理に対する保証人が戦うには

借金を多く抱えてしまい、返済が不可能になった時は法的に借金を処分します。

 
全部まとめて処分する時は自己破産をしますが、部分的な処理をする時は任意整理をします。
任意整理をする時は自分ですることもできますが、多くの場合は専門の弁護士などに頼みます。
任意整理のやり方はそれぞれの借りている金融機関と交渉をして、借金や金利の負担を減らしてもらいます。

 
その結果和解になった場合は、和解金をそれから支払い続けて返済することになります。
このとき問題になりやすいのが保証人の問題です。

 
実は任意整理をして借金を減らしても、それは当人の借金がなくなっただけです。
つまり保証人が負担する借金は全く減っていないので、整理をした場合保証人への支払い義務が発生します。

 
そのため任意整理をする時は事前に保証人と連絡をしつつ話を進めるべきで、保証人の負担になっている借金を整理すべきです。
そうすれば保証人への負担はなくなります。

 
ただそういう形をとることができず、保証人へ借金の負担が行くことがあります。
保証人としては負担に耐えるのは大変ですから、場合によっては保証人も破産処理をすることになります。

 
また、保証人は破産処理の結果自分の所へ来た借金を、相手側に請求する権利を持ちます。
しかし破産処理をした相手なので返済ができることは少ないです。

コメントは受け付けていません。