任意整理と保証人の責任

債務整理の手段の一つである任意整理は、裁判所を介さず、貸金業者との話し合いにより借金を減額してもらう方法です。裁判所が関与しないので、通知などが自宅に届くことはなく、司法書士や弁護士に依頼すれば貸金業者との交渉も担ってくれますので、家族に知られることなく借金問題を解決する方法として人気です。

 
ただしこの手続きには注意しなければいけないこともあります。それは整理対象となる債務に保証人が付いている場合です。この手続きの結果は、あくまでも債務者と貸金業者の間においてのみ効力を有するものです。したがって債務を保証している人の責任がなくなるわけではないので、業者は債務の履行を請求することができ、保証人はこの請求を拒否することはできません。

 
対抗要件として債務者に代わって債務を履行した人、すなわちお金を立て替え払いしてあげた人は、借金をしていた張本人に対しそのお金を返還するよう求めることができますが、債務整理をしなければいけない状態にある人がお金を返せることは少なく、泣き寝入りになるケースも見受けられます。
このような事態に陥るのを避けるためには、債務者と連名で債務整理の手続きをするよりほかありません。連名でおこなえば債務整理の結果は双方に影響しますので、保証している人も債務の減額の恩恵を受けることができるのです。

 

飛行機03
ただしデメリットもあります。連名で債務整理をおこなうということは、当然ながら保証人となっている人も債務整理をしたということになります。その結果いわゆるブラックリストに掲載されてしまい、金融機関との取引に悪影響が及ぶ可能性が高くなるので注意が必要です。”

コメントは受け付けていません。