債務者の代理で立て替え

}PgžxQ

 

お金の貸し借りが多い人には要注意の内容は求償権です。これはお金が返済できなくなって保証人としてお金を返済した人に適用される権利です。時効に関しては商行為の保証委託かそれ以外のものによって違ってきます。商行為の保証委託は5年で、それ以外は10年で時効となっております。主張を行うときに大事なのがきちんと文章で内容証明郵便で送る必要があります。郵便で出す際の内容としては負担した金額や求償される割合をきちんと明記する必要があります。これによってスムーズな手続きができます。

 
また、裁判の際の武器として公正証書を持ち込むと最大の武器となります。この原本は公証役場に保存されるため相手に破られたり、紛失させられたりする心配がないため非常に安心です。このような方法よりもあらかじめ保証を他に委託するという手段もあります。商行為の保証委託がこれに当たりますが、商行為での信頼関係を築いたり、取引を円滑に進めるために取引先に保証委託を行う場合があります。取引先だけでなく知人の場合もこれと同様にあります。時効が5年という短い期間を最大限に利用して自分や自社にメリットがあるように保証人を決めることが必要不可欠となっております。

コメントは受け付けていません。