特定調停に対する保証人が戦うには

あちこちで借金をして返済が難しくなった時は、借金の整理をすることになリます。

 
一括して整理する時は自己破産を行いますが、部分的に整理をする時は任意整理を行います。
任意整理とは弁護士に依頼をして借金の整理をすることで、ほとんどの手続きを弁護士がしてくれます。

手紙02

この方法は弁護士に依頼をすれば複雑な手続きを代行してくれ、借金の催促も弁護士が止めてくれます。

 
そのため安心して借金の処分をする事が出来るので負担が小さい制度です。

 
それに対して特定調停という制度でも、借金を部分的に整理する事ができます。

 
この方法は弁護士に依頼をするのではなく、裁判所に依頼をして借金の減額をしてもらいます。
弁護士に頼まないのでその分費用が安くなりますが、手続きが大変になりやすいです。

 
この調停方法を利用して一部の借金を無効化した場合、借りていた人の借金はなくなリます。

 
しかしその借金の保証人は、そのまま借金を背負ったままになリます。
そのため調停による和解金の支払いを保証人がすることがあります。

 
それでは保証人の負担が大きいので、事前にお金を借りている人と相談しておくといいです。
例えば保証人のいる借金は無効化にしないと、要求しておいたほうが安全です。

コメントは受け付けていません。